婚約指輪の購入はお早めに|誓いの印としてダイヤを贈ろう

リング

気持ちのこもった指輪

ジュエリー

東京でパートナーに指輪を送るならハワイアンジュエリーをオーダーメイドしましょう。一つ一つ手作りなので、気持ちのこもった素敵なデザインに仕上がります。誕生石や相手の名前を入れても良いでしょう。

Read More...

ダイヤに込められた意味

指輪

結婚を控えた男女は、婚約指輪を身に着けています。婚約指輪は結婚指輪と違い、結婚を約束した場合に、誓いの証として送るものです。婚約指輪は、昔のローマで行なわれた誓いの儀式が発祥で、日本には明治時代にその文化が伝わったといわれています。婚約指輪の真ん中にはダイヤモンドがよく埋め込まれてますが、その由来を知っている人は少ないでしょう。ダイヤモンドは地球上で一番硬い物質といわれているため、いつまでも硬く、長く愛が続くようにとの願いが込められているのです。そのため、約七十パーセント以上もの婚約指輪にダイヤモンドが使われているのです。
1970年代頃、婚約指輪の販売促進のために、婚約指輪は給料三ヶ月分というキャッチフレーズが使われるようになりましたが、この給料三ヶ月分は、当時の日本の平均所得などから決められた相場だと言われています。このキャッチフレーズは経済成長が収束に向かっていた日本で大流行し、今日に至るまで使われてきました。しかし実際の婚約指輪の相場は、給料三ヶ月分よりも少しだけ低い値段になっています。婚約指輪に給料三ヶ月分のお金をかける男性はそこまで多くないのです。婚約指輪は、実は購入してすぐに手元に来るものではありません。宝石店で指輪を決めて、持ち帰れる場合もありますが、ほとんどはサイズ直しや文字入れなどで受け取りまでに一定期間かかるものです。男性の中にはこのことを知らずに、プロポーズまでに指輪を購入出来なかった人も少なからずいます。婚約指輪は、スケジュールをしっかり確認して購入しましょう。

心のこもった指輪作成

カップル

ハワイアンジュエリーの結婚指輪は、一人の彫師が、結婚する二人のためだけに作成してくれるので、温かみのある指輪が完成します。指輪は、完成するまでに時間がかかる場合があるので早めに依頼しておきましょう。

Read More...

雰囲気に合わせて選ぶ

結婚

ウェディングドレスには様々なデザインが合って、体型や雰囲気に合わせて選ぶことが出来ます。なかなか決められない場合は、パートナーや家族と一緒に選ぶと良いでしょう。

Read More...